岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。ページ全体が表示されるまで時間がかかるので、少々お待ち下さい。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

Click for Sendai Airport, Japan Forecast

各種ランキングサイトの「地域>東北地方」に登録しています。このブログがお気に入りでしたら、クリックお願いします。↓↓



にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ

ブログランキング



人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

blogram投票ボタン




あわせて読みたいブログパーツ


ジオターゲティング



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



金蛇水神社 アジサイと足元の花
金蛇水神社の山に登って、アジサイの花を見物してきました。
アジサイは咲き始めたばかりで、まだ白っぽいものが多かったです。
足元には、タツナミソウウツボグサドクダミなどの花が咲いていました。
ドクダミの総苞片(白い花びらのようなもの)は通常4枚ですが、まれに5枚以上のものが混じっています。

写真は上から順に、

アジサイ(8枚)、アジサイにやってきたモンシロチョウ
タツナミソウ(3枚)、
ウツボグサ(2枚)、ノアザミにやってきたカラスアゲハ、
総苞片が5枚のドクダミ(2枚)、総苞片が6枚のドクダミです。

金蛇水神社のアジサイ 金蛇水神社のアジサイ 金蛇水神社のアジサイ
金蛇水神社のアジサイ 金蛇水神社のアジサイ 金蛇水神社のアジサイ
金蛇水神社のアジサイ 金蛇水神社のアジサイ アジサイにやってきたモンシロチョウ
タツナミソウ タツナミソウ タツナミソウ
ウツボグサ ウツボグサ ノアザミにやってきたカラスアゲハ
総苞片が5枚のドクダミ 総苞片が5枚のドクダミ 総苞片が6枚のドクダミ

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

千年希望の丘・藤曽根公園
6月2日、岩沼市下野郷(藤曽根)に「千年希望の丘・藤曽根公園」が完成しました。
宮城県の県南浄化センターの海側に作られ、もとは海岸防災林クロマツ林)があったところです。
丘の上から眺めると、植林中の海岸防災林、完成した海岸の防潮堤などが一望できます。
この公園では植樹祭を行わず、駐車場がないので、訪れる人は少ないかもしれません。
しかし、まわりに視界を遮るものがないため、初日の出の見物には最高のポジションでしょう。

丘の芝生の一部からいろいろな植物が生え、「お花畑」状態になっていたのが印象に残りました。
芝生の中に色々な種子が混じっていて、それが芽生えて成長したのでしょう。
最後の写真6枚は、マツバウンラン、キツネアザミ、オニタビラコ、ブタナ(タンポポモドキ)、オオイヌタデ、マツバウンランとブタナです。

千年希望の丘・藤曽根公園 千年希望の丘・藤曽根公園 千年希望の丘・藤曽根公園
千年希望の丘・藤曽根公園 千年希望の丘・藤曽根公園 千年希望の丘・藤曽根公園
千年希望の丘・藤曽根公園 千年希望の丘・藤曽根公園 千年希望の丘・藤曽根公園
千年希望の丘・藤曽根公園 千年希望の丘・藤曽根公園 千年希望の丘・藤曽根公園
千年希望の丘・藤曽根公園,マツバウンラン 千年希望の丘・藤曽根公園,キツネアザミ 千年希望の丘・藤曽根公園,オニタビラコ
千年希望の丘・藤曽根公園,ブタナ 千年希望の丘・藤曽根公園,オオイヌタデ 千年希望の丘・藤曽根公園,マツバウンランとブタナ



テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

6月の千貫山で山道散歩 (2017年)
6月になっても雨が降らない好天が続いています。
足元があまり濡れていないので、山を散歩するのが楽です。
千貫山の清掃センターへ向かう道路沿いでは、梅雨時に咲くユキノシタの花、お休み中のカタツムリなどが見られました。

今の時期の山で、美味しいごちそうになるのが「クワの実」です。
最初は白く、やがて赤くなり、紫に熟したものが食べられます。
紫の実を、虫、鳥、けもの、人間が奪い合います。

写真は上から順に、

クワの実(3枚)、
ハナイカダの実(2枚)、タケニグサの花芽、
ニワトコの実、シャクの葉っぱ、シロダモ、
ユキノシタの花、イチモンジチョウ、ジョウカイボン、
ニホンカワトンボ♀、ヒメウラナミジャノメ、ヒダリマキマイマイです。

クワの実 クワの実 クワの実
ハナイカダの実 ハナイカダの実 タケニグサの花芽
ニワトコの実 シャクの葉っぱ シロダモ
ユキノシタの花 イチモンジチョウ ジョウカイボン
ニホンカワトンボ♀ ヒメウラナミジャノメ ヒダリマキマイマイ

電柱の穴にを作ったニホンミツバチです。



テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

朝日山公園(6月14日) 柵の上で虫探し
今日は雨が降る予想でしたが、いい方向に予想が外れ、晴れ間が広がりました。
朝日山公園を訪れ、荒井堤のまわりを一周してきました。
トンボカメの群れはいつもどおり健在でした。
春と夏の境目で生き物たちが少ない時期ですが、荒井堤を囲む柵の上を探すと、小さな生き物たちが見つかりました。
(全シーズン共通、こちらが汚れずに観察できるのでおすすめです)
カメムシクモなどふだんは目立ちにくい虫たちが、柵の上にチョコンと乗っていました。
クモは日本国内に1400種、は同じく5000種以上いるので、種類を特定するのが困難です・・

写真は上から順に、

カタバミオキザリスカタバミ科の園芸植物、2枚)、
ママコナ、ヤニサシガメ、セアカツノカメムシ
メンガタカスミカメ、ヒメホシカメムシ、シロジュウシホシテントウ、
アリグモ♂、アリグモ♀、オビボソカニグモ♀、
フクログモ科の1種、シャクガ科の1種、ヤガ科の1種、
コシアキトンボの群れ、コシアキトンボの抜け殻、ミシシッピアカミミガメの群れです。

カタバミ オキザリス オキザリス
ママコナ ヤニサシガメ セアカツノカメムシ
メンガタカスミカメ ヒメホシカメムシ シロジュウシホシテントウ
アリグモ♂ アリグモ♀ オビボソカニグモ♀
フクログモ科の1種 シャクガ科の1種 ヤガ科の1種
コシアキトンボの群れ コシアキトンボの抜け殻 ミシシッピアカミミガメの群れ

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

グリーンピア岩沼 房状の白い花
梅雨シーズンになったのにあまり雨が降らない日々が続いています。
涼しい風が入ってくるので気温は上がりませんが、過ごしやすい毎日です。

グリーンピア岩沼のホテル周辺では、房状の白い花がよく目立ちます。
薄暗いところにたくさん咲いているトリアシショウマの花、明るいところで他の場所より真っ先に咲いたクリの花です。
どちらも小さな花が集まって房を作り、多くの虫たちをおびき寄せます。

写真は上から順に、

トリアシショウマ(3枚)、
トリアシショウマの群落(2枚)、マルバダケブキ、
アザミとヤミイロカニグモ、ホタルブクロのつぼみ、モミジイチゴの実、
ヒメジョオンとノアザミクリの花にやってきたクロハナムグリ、同左ヒメアシナガコガネ、
クリの花にやってきたシロテンハナムグリ、同左セイヨウミツバチ、クロハナムグリとコアオハナムグリです。

トリアシショウマ トリアシショウマ トリアシショウマ
トリアシショウマの群落 トリアシショウマの群落 マルバダケブキ
ノアザミとヤミイロカニグモ ホタルブクロのつぼみ モミジイチゴの実
ヒメジョオンとノアザミ クリの花にやってきたクロハナムグリ クリの花にやってきたヒメアシナガコガネ
クリの花にやってきたシロテンハナムグリ クリの花にやってきたセイヨウミツバチ クリの花にやってきたクロハナムグリとコアオハナムグリ

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

春から夏へ 増水時の五間堀川
岩沼のまちなかを流れる五間堀川を探索してきました。
代かき田植えシーズン以降、春から夏にかけて、五間堀川の水は増水していることが多いです。
ヨークベニマル岩沼店のそばに三又水門があり、その上流側は手を伸ばせば届きそうなところに水面があります。
三又水門で分岐する用水路に水が流されるため、その下流側は水面が3メートルほど低くなります。
「川があふれそうだけども、実際にはめったにあふれない」というギリギリのところで、水量をうまく調節しているのです。
写真の最後3枚は、川沿いに生えているウツギ、ヤブマオ、ムシトリナデシコです。

岩沼市内の五間堀川 岩沼市内の五間堀川 岩沼市内の五間堀川
岩沼市内の五間堀川 岩沼市内の五間堀川 岩沼市内の五間堀川
岩沼市内の五間堀川 岩沼市内の五間堀川 岩沼市内の五間堀川
岩沼市内の五間堀川 岩沼市内の五間堀川 岩沼市内の五間堀川
ウツギ ヤブマオ ムシトリナデシコ

昔は水門による水量調節がなかったため、五間堀川はたびたび氾濫していました。
今は押分水門と三又水門ができたため、氾濫が起こりにくくなりました。
最近は、川があふれる氾濫より、道路に水がたまって逃げ場がなくなる氾濫の方が目立っています。

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

志賀沢川の細長いトンボ3種
志賀沢川の上流域を訪れました。
河原に流されてきた石が堆積した場所が数ヶ所あり、そこに足を踏み入れてみました。
石の上や葉っぱの上に、川をすみかとするトンボがたくさん止まっていました。
成虫が5月から見られるニホンカワトンボ、6月から見られるアオハダトンボとミヤマカワトンボ、3種類の細長いトンボがいました。
似たような体型だけれども羽の色はそれぞれ異なる3種類が、同じ場所に混ざって生息していました。

写真は上から順に、

志賀沢川の河原(3枚)、
志賀沢川の河原、ニホンカワトンボ無色型♂、ニホンカワトンボ橙色型♂、
アオハダトンボ♂、アオハダトンボ♀、アオハダトンボ♀(左)と♂(右)、
ミヤマカワトンボ♂、ミヤマカワトンボ♀、アオハダトンボ♂(左)とニホンカワトンボ橙色型♂(右)です。

志賀沢川の河原 志賀沢川の河原 志賀沢川の河原
志賀沢川の河原 ニホンカワトンボ無色型♂ ニホンカワトンボ橙色型♂
アオハダトンボ♂ アオハダトンボ♀ アオハダトンボ♀(左)と♂(右)
ミヤマカワトンボ♂ ミヤマカワトンボ♀ アオハダトンボ♂(左)とニホンカワトンボ橙色型♂(右)

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報