岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

Click for Sendai Airport, Japan Forecast

各種ランキングサイトの「地域>東北地方」に登録しています。このブログがお気に入りでしたら、クリックお願いします。↓↓



にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ

ブログランキング



人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

blogram投票ボタン




あわせて読みたいブログパーツ


ジオターゲティング



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



姥ヶ懐トンネル工事 途中経過(2016年末)
県道25号岩沼蔵王線の途中、岩沼市と村田町を結ぶ姥ヶ懐(うばがふところ)トンネル工事が始まってから、半年余りが経過しました。

トンネル工事の概要は、下記のホームページに記されています。

(仮)姥ヶ懐トンネル工事
http://ubagafutokoro-t.com/index.html

年末年始で工事が休みになったのを見計らって、トンネルの様子を見物してきました。
岩沼の方から掘削を始めたトンネルの入口には、カバーがかけられていました。(休みだから?)
人は誰もいませんでしたが、送風機などの機械は稼働していて、その音がまわりの山に響き渡っていました。

県道岩沼蔵王線,姥ヶ懐トンネル工事 県道岩沼蔵王線,姥ヶ懐トンネル工事 県道岩沼蔵王線,姥ヶ懐トンネル工事
県道岩沼蔵王線,姥ヶ懐トンネル工事 県道岩沼蔵王線,姥ヶ懐トンネル工事 県道岩沼蔵王線,姥ヶ懐トンネル工事

工事現場に入ったついでに、ふだんとは違う角度で岩沼の山々を眺めてきました。
山の斜面が切り立った崖になっていてロッククライミングができそうな場所があり、その一角には大きな穴が開いていました。
クマやカモシカならあそこまで行けそうだが、人間は無理だろうなあ、と思いました。もし行けるなら過去に誰かが行っているでしょうから。

姥ヶ懐トンネル工事現場から見た岩沼の山々 姥ヶ懐トンネル工事現場から見た岩沼の山々 姥ヶ懐トンネル工事現場から見た岩沼の山々

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

グリーンピア岩沼 落ち葉のじゅうたんと虫たち
昨日の続編です。
広場の一角に落ち葉がたまった場所があり、ふかふかしたじゅうたんのようになっていました。
一部はイチョウの葉の黄色、その他はコナラなどの葉の茶色に染まっていました。
木製のベンチの上に、トンボ(アキアカネ♂)とカマキリ(コカマキリ♀)がいました。
このあたりは山に囲まれた窪地になっていて、冷たい風がまともに当たらないため、冬になったら死んでしまう虫たちが今まで生き残ることができたのでしょう。

グリーンピア岩沼,落ち葉のじゅうたん グリーンピア岩沼,落ち葉のじゅうたん グリーンピア岩沼,落ち葉のじゅうたん
グリーンピア岩沼,落ち葉のじゅうたん グリーンピア岩沼,落ち葉のじゅうたん グリーンピア岩沼,落ち葉のじゅうたん
グリーンピア岩沼,落ち葉のじゅうたん グリーンピア岩沼,落ち葉のじゅうたん グリーンピア岩沼,落ち葉のじゅうたん
グリーンピア岩沼,落ち葉のじゅうたん アキアカネ♂ コカマキリ♀

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

グリーンピア岩沼 小さな紅葉
落葉樹の高木のほとんどが葉を落とした、グリーンピア岩沼を訪れました。
テニスコート周辺には、ピンクや赤のサザンカが咲きそろっていました。
森林の足元に目を向けると、幼木や低木、草本のかわいらしくて小さな紅葉があちらこちらに見られました。
幼木のほとんどは、日光を十分に受けることができず、大きくなる前に枯れてしまいます。

写真は上から順に、

サザンカの花(3枚)、
コナラ幼木の紅葉(2枚)、イロハモミジ幼木の紅葉
エンコウカエデ幼木の紅葉(2枚)、ヤマモミジ幼木の紅葉
ウリハダカエデ幼木の紅葉ヤマブキの黄葉(2枚)、
モミジイチゴの紅葉、アキカラマツの黄葉(2枚)です。

サザンカの花 サザンカの花 サザンカの花
コナラ幼木の紅葉 コナラ幼木の紅葉 イロハモミジ幼木の紅葉
エンコウカエデ幼木の紅葉 エンコウカエデ幼木の紅葉 ヤマモミジ幼木の紅葉
ウリハダカエデ幼木の紅葉 ヤマブキの黄葉 ヤマブキの黄葉
モミジイチゴの紅葉 アキカラマツの黄葉 アキカラマツの黄葉

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

岩沼のため池と紅葉
三色吉地区の七ツ堤と長岡地区の最終処分場近くにあるため池を訪れました。
自然に近いため池紅葉の組み合わせは、岩沼市内ではこのあたりでしか見られないです。
イロハモミジ紅葉やイヌコリヤナギの黄葉がきれいでした。
ため池のまわりでは、トンボ(アキアカネ)が集団で日光浴をしていました。
なお、ハイキングコースの一部が、秋の長雨で土砂崩れを起こし、通行しにくくなっています。

写真は上から順に、

長岡新堤と紅葉(2枚)、金原堤と紅葉
二階筒堤と紅葉最終処分場紅葉(2枚)、
山々の紅葉、ハイキングコース沿いの紅葉、ため池の水面の落ち葉
イロハモミジの紅葉(3枚)、
イロハモミジの紅葉、イヌコリヤナギの黄葉(2枚)、
アキアカネ♂の集団(2枚)、アワコガネギクです。

長岡新堤と紅葉 長岡新堤と紅葉 金原堤と紅葉
二階筒堤と紅葉 最終処分場と紅葉 最終処分場と紅葉
山々の紅葉 ハイキングコース沿いの紅葉 ため池の水面の落ち葉
イロハモミジの紅葉 イロハモミジの紅葉 イロハモミジの紅葉
イロハモミジの紅葉 イヌコリヤナギの黄葉 イヌコリヤナギの黄葉
アキアカネ♂の集団 アキアカネ♂の集団 アワコガネギク

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

11月の千貫山で山道散歩
紅葉が真っ盛りの千貫山の道路沿いを散歩してきました。
山のふもとは日陰になってしまうので、山の上の方、日が当たる清掃センター付近のみを散歩しました。

日当たりのよいガードレールや電柱には、日光浴をするためにさまざまな虫が止まっていました。
トンボカメムシテントウムシクモなど、ふだんなら食う食われるの関係にあるものもおとなしくご一緒している光景が見られました。

写真は上から順に、

千貫山山頂付近の紅葉(3枚)、
千貫山から見たグリーンピア岩沼付近の紅葉、イタヤカエデ紅葉(2枚)、
エンコウカエデ紅葉アケビ紅葉リョウブの黄葉、
クリの実、アキアカネ♀、キバラヘリカメムシ
ツマジロカメムシ、ナカボシカメムシ、アオオビハエトリです。

千貫山山頂付近の紅葉 千貫山山頂付近の紅葉 千貫山山頂付近の紅葉
千貫山から見たグリーンピア岩沼付近の紅葉 イタヤカエデの紅葉 イタヤカエデの紅葉
エンコウカエデの紅葉 アケビの紅葉 リョウブの黄葉
クリの実 アキアカネ♀ キバラヘリカメムシ
ツマジロカメムシ ナカボシカメムシ アオオビハエトリ

電柱の上で日光浴をしているオオトビサシガメ(肉食のカメムシ)と、それに近寄ってくるテントウムシです。
暖かいときならオオトビサシガメはテントウムシを捕食してしまいますが、寒かったので動きが鈍く、何も起こりませんでした。



テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

グリーンピア岩沼 ホテル岩沼リゾート
グリーンピア岩沼にあるホテルの名前が、10月1日から「ホテル岩沼リゾート」に変更されました。
ホテルの入口などに表示されるマークが、全て新しいものに入れ替わっていました。

ホテルの周辺では、サルスベリ、サラサドウダンなどが真っ赤に紅葉していました。
野外にあるトイレなどの建物には、カメムシが越冬する場所を探すために集まっていました。

写真は上から順に、
ホテル岩沼リゾートのマーク(3枚)、
紅葉(2枚)、サルスベリ紅葉
サラサドウダンの紅葉ケヤキの黄葉、の黄葉、
ノコンギク、クサギカメムシ、オオトビサシガメ、
コナラの樹液にやってきたオオスズメバチ(3枚)です。

ホテル岩沼リゾートのマーク ホテル岩沼リゾートのマークをつけたバス ホテル岩沼リゾートのマーク
桜の紅葉 桜の紅葉 サルスベリと桜の紅葉
サラサドウダンの紅葉 ケヤキの黄葉 藤の黄葉
ノコンギク クサギカメムシ オオトビサシガメ
コナラの樹液にやってきたオオスズメバチ コナラの樹液にやってきたオオスズメバチ コナラの樹液にやってきたオオスズメバチ

コナラの樹液にやってきたオオスズメバチです。
寒いので動きが鈍く、カメラを近づけてもあまり反応しませんでした。



テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

10月の千貫山で山道散歩 その2
千貫山の散歩、今月分の後半です。
山の上の方は比較的乾燥していて、秋が深まってから咲くキク科の花が勢ぞろいしていました。
本来なら夏に咲くヒメジョオンマツヨイグサの花が、涼しくなったこの時期に咲いていました。
花にはチョウなど様々な虫たちが集まり、それを待ち構えるクモの姿も見られました。

写真は上から順に、

ユウガギク、ノコンギク、シロヨメナ、
アキノキリンソウ、ヤクシソウ、センダイトウヒレン、
ヒメジョオン、ナギナタコウジュ、キバナアキギリ、
マツヨイグサ、ボタンヅル、ヤマハギ
コセンダングサにやってきたキタテハ、セイタカアワダチソウにやってきたアカタテハ、同左ヒメアカタテハとコアオハナムグリ、
セイタカアワダチソウについたマルカメムシをとらえたワカバグモ、(ウスキツバメエダシャク)をとらえたハナグモです。

ユウガギク ノコンギク シロヨメナ
アキノキリンソウ ヤクシソウ センダイトウヒレン
ヒメジョオン ナギナタコウジュ キバナアキギリ
メマツヨイグサ ボタンヅル ヤマハギ
コセンダングサにやってきたキタテハ セイタカアワダチソウにやってきたアカタテハ セイタカアワダチソウにやってきたヒメアカタテハとコアオハナムグリ
セイタカアワダチソウについたマルカメムシ 蛾をとらえたワカバグモ 蛾(ウスキツバメエダシャク)をとらえたハナグモ

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報