岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

Click for Sendai Airport, Japan Forecast

各種ランキングサイトの「地域>東北地方」に登録しています。このブログがお気に入りでしたら、クリックお願いします。↓↓



にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ

ブログランキング



人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

blogram投票ボタン




あわせて読みたいブログパーツ


ジオターゲティング



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



朝日山公園(2月21日) 白鳥去って 梅ほころぶ
一昨日と今日、朝日山公園を訪れました。
散歩する人たちを喜ばせていた野生のオオハクチョウは姿を見せず、いつもいるカモの数も減っていました。
春が近づいてきて、冬鳥たちの北帰行が始まったのでしょう。

冬鳥たちと交代するかのように、野球場の外野側にあるの花がほころび始めました。
太陽が出たり隠れたりしたため、撮影するのにちょっと苦労しました。

最後の写真2枚は、テニスコートそばの小さなため池にいたダイサギとマガモのカップルです。

梅の花 梅の花 梅の花
梅の花 梅の花 梅の花
梅の花 ダイサギ マガモのカップル

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

朝日山公園(2月13日) ねぐらに帰るオオハクチョウ
朝日山公園にやってくるオオハクチョウは、伊豆沼など宮城県北部の飛来地をねぐらにしています。
毎朝こちらにやってきて、夕方向こうに帰っていきます。

ハクチョウは体が重いので、他の鳥のようにパッと飛び立って急上昇することができません。
ハクチョウの仲間は、日本で見られる鳥の中で一番重いです)
水面から飛び立つときは羽ばたきながら滑走し、上昇する角度は非常に緩やかです。
「燃料をたくさん積んだ大きな旅客機」をイメージすればよいでしょう。

今日やってきたオオハクチョウ11羽は、4羽のグループ(成鳥2羽、幼鳥2羽)と7羽のグループ(成鳥2羽、幼鳥5羽)に分かれてねぐらへ帰りました。
そのうち、7羽のグループを撮影しました。
飛び立つ直前になると、それまで水面の端っこにいた群れが真ん中へ向かい、鳴き声を盛んに交わします。
「これから飛び立ってねぐらへ帰ろう」という会話をしてから飛び立つのでしょう。

朝日山公園,オオハクチョウの群れ 朝日山公園,オオハクチョウの群れ 朝日山公園,オオハクチョウの群れ



テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

朝日山公園(2月6日) 野生のハクチョウがやってきた その3
ハクチョウは2月になると北帰航を始めるので、見られるときに見ておかないと後悔します。
それゆえ、オオハクチョウを観察するために朝日山公園を三度訪れました。

この日いたのは、成鳥(白色)が2羽、幼鳥(灰色)が5羽、合計7羽でした。
(動画では、幼鳥1羽が画面の外にいます)
人間がいないのを見計らって上陸し、休んでいる姿、羽繕いをする姿が見られました。
しかし、私が近づくとそわそわし始め、やがて泳ぎ去ってしまいました。

オオハクチョウの群れ オオハクチョウの群れ オオハクチョウの群れ
オオハクチョウの群れ オオハクチョウの群れ オオハクチョウの幼鳥
オオハクチョウの群れ オオハクチョウの群れ オオハクチョウの群れ
オオハクチョウの群れ オオハクチョウの幼鳥 オオハクチョウの成鳥



テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

朝日山公園(2月4日) 野生のハクチョウがやってきた その2
一昨日と昨日は暴風が吹き続けましたが、今日は工場の煙がまっすぐに上がる穏やかな天気でした。

野生のオオハクチョウが気になって、再び朝日山公園を訪れました。
今日見かけたのは成鳥が7羽、幼鳥が7羽、合計14羽でした。
一昨日は全部がまとまって行動し、今日はいくつかのグループに分かれて行動していました。
1時間ほどハクチョウの行動を観察した結果、以下のことが分かりました。

・野生のハクチョウと飼われているハクチョウは、お互いに警戒しあって近寄らない。
・人間がカモにエサを与えると、野生のハクチョウカモに混じって近づいてくるが、エサを採るまでには至らず、人間と一定の距離を保つ。
・野生のハクチョウカモを攻撃しないが、ユリカモメには攻撃をしかける。見慣れているか見慣れていないかの違い?

人間がいる環境に徐々に慣れていって、やがては人間が与えたエサを食べるようになるのでしょうか。

1枚目 飼われているオオハクチョウ、コハクチョウ、シナガチョウ
2枚目 飼われているハクチョウ(手前)と野生のハクチョウ(向こう)
3枚目 ユリカモメの群れ
残りは全て野生のオオハクチョウです。

朝日山公園,飼われているハクチョウとシナガチョウ 朝日山公園,飼われているハクチョウと野生のハクチョウ 朝日山公園,ユリカモメの群れ
朝日山公園,オオハクチョウの群れ 朝日山公園,オオハクチョウの群れ 朝日山公園,オオハクチョウの群れ
朝日山公園,オオハクチョウの群れ 朝日山公園,オオハクチョウの群れ 朝日山公園,オオハクチョウの群れ
朝日山公園,オオハクチョウの群れ 朝日山公園,オオハクチョウの群れ 朝日山公園,オオハクチョウとカモの群れ
朝日山公園,オオハクチョウの群れ 朝日山公園,オオハクチョウの幼鳥 朝日山公園,オオハクチョウの幼鳥と成鳥

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

朝日山公園(2月2日) 野生のハクチョウがやってきた
今日は、立っていると吹き飛ばされるほどの暴風が吹き荒れた一日でした。
朝日山公園を訪れたら、荒井堤の真ん中にハクチョウの群れがいました。
いつも見られる「飼われているハクチョウ」とは別個の、野生のオオハクチョウの群れでした。
成鳥(白色)が7羽、幼鳥(灰色)が6羽、合計13羽でした。

昨シーズンまでは全く目撃情報がなかったのに、今シーズン初めて見られるようになりました。
私は小さい頃から朝日山公園を訪れていますが、ここで野生のハクチョウを見たのは今回が初めてです。
今シーズンだけにとどまらず、来シーズン以降も続けて見られるようになるといいですね。

朝日山公園,オオハクチョウの群れ 朝日山公園,オオハクチョウの群れ 朝日山公園,オオハクチョウの群れ
朝日山公園,オオハクチョウの群れ 朝日山公園,オオハクチョウの群れ 朝日山公園,オオハクチョウの群れ
朝日山公園,オオハクチョウの群れ 朝日山公園,オオハクチョウの群れ 朝日山公園,オオハクチョウの群れ



テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

朝日山公園(1月22日) 雪景色を探して
一昨日の午後から雨が降り出し、日付が変わる頃からに変わりました。
朝まで降り続けましたが、気温が高めに推移したため、「大荒れになる」予想が外れて、平野部では大した積になりませんでした。
それから1日が経過した今日、好天が続いたため、日陰に残ったを除けばほとんどが溶けてしまいました。

朝日山公園では、野球場の外野側など日当たりの悪い場所に白いがまだ残っていました。
テニスコートそばのため池には、が張っていました。

最後の写真は、新しく寄贈された遊具(右半分)です。

朝日山公園の雪景色,野球場 朝日山公園の雪景色,野球場 朝日山公園の雪景色
朝日山公園の雪景色 朝日山公園の雪景色 朝日山公園の雪景色
朝日山公園の雪景色 朝日山公園,氷が張ったため池 朝日山公園,新しく寄贈された遊具

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

朝日山公園(1月14日) 寒波で冬景色
今回の寒波襲来で、朝日山公園の荒井堤にが張りました。
石を投げれば簡単に割れてしまう薄いですが、この景色が見られないと「冬が来た」と実感できないです。
ときおりにわかが降り、の上にが積もって、水面が白くなっていました。
寒い中でも鳥たちは元気で、ジョウビタキやビンズイなどの小鳥、数羽のユリカモメを近くで見ることができました。

朝日山公園の雪景色 朝日山公園の雪景色 朝日山公園の雪景色
朝日山公園の雪景色 朝日山公園の雪景色 朝日山公園の雪景色
朝日山公園の雪景色 朝日山公園の雪景色 朝日山公園の雪景色
ジョウビタキ ビンズイ ユリカモメ



テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報