FC2ブログ
岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



天敵の目をあざむく虫たち
阿武隈川河川敷を散歩してきました。
アリにそっくりなカメムシの幼虫と、ゴミを背負うクサカゲロウの幼虫を見つけました。
小さい虫たちは天敵に食べられることが多いですが、あの手この手で天敵の目をあざむき、生き残る確率を高めている虫たちもいます。
その他に、チョウスズメバチ、赤トンボなども見られました。

ホソヘリカメムシの大きな幼虫(左)と小さな幼虫(右)です。
このカメムシの幼虫はアリに似ています。
生き物の世界では嫌われ者とされているアリに似せることによって、天敵に食べられにくくなると言われています。



葉っぱの上を歩くクサカゲロウの幼虫です。
いろいろなもの(ゴミ)を背負って、自分の体を隠しています。
ゴミの下に隠れて静止すると、天敵に見つかりくくなります。動いても「ゴミが風に吹き飛ばされている」ようにしか見えないですね。




写真は上から順に、

ホソヘリカメムシの小さい幼虫(2枚)、ホソヘリカメムシの大きい幼虫、
ゴミを背負ったクサカゲロウの幼虫、羽化したばかりのキタキチョウヤブガラシにやってきたキタテハ、
ヤブガラシにやってきたヒメスズメバチ、ナツアカネ♂、ナツアカネ♀です。

ホソヘリカメムシの小さい幼虫 ホソヘリカメムシの小さい幼虫 ホソヘリカメムシの大きい幼虫
ゴミを背負ったクサカゲロウの幼虫 羽化したばかりのキタキチョウ ヤブガラシにやってきたキタテハ
ヤブガラシにやってきたヒメスズメバチ ナツアカネ♂ ナツアカネ♀


 にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ 人気blogランキングへ 
FC2 Blog Ranking blogram投票ボタン





関連記事

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック