岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



オオムラサキ 井戸端会議と恋の季節
成虫が出現して1ヶ月ほどが経過したオオムラサキを観察するため、鍛冶スポーツ公園を訪れました。
コナラ樹液に、オオムラサキの♀が群がっていました。
♀を一度に複数まとめて見たのは今回が初めてで、まるで「井戸端会議」をしているかのようでした。
樹液には、カナブン、スズメバチ、ウシアブ、スミナガシやアカタテハなど他のチョウも集まっていました。
他のチョウは、体格差があるためか、オオムラサキがいる間は遠慮をしているようでした。

オオムラサキの♂が現れて、♀を1頭ずつ「ナンパ」して、あるものはすぐ近くで、あるものはちょっと離れたところで求愛行動を始めました。
追いかけ回しているうちに遠ざかってしまったので、交尾が成立したかどうかは分かりませんが・・
今が恋の季節、そして産卵を終えた成虫は寿命を迎え、8月後半になると姿を消してしまいます。

コナラの樹液に集まったオオムラサキ♀,カナブン,アカタテハなど コナラの樹液に集まったオオムラサキ♀,カナブンなど コナラの樹液に集まったオオムラサキ♀,カナブン,スミナガシなど
コナラの樹液に集まったオオムラサキ♀,カナブン,スミナガシなど コナラの樹液に集まったオオムラサキ♀,カナブン,スミナガシなど コナラの樹液に集まったオオムラサキ♀,カナブン,スミナガシなど
コナラの樹液に集まったオオムラサキ♀,カナブン,スミナガシなど オオムラサキの求愛行動 オオムラサキの求愛行動






 にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ  人気blogランキングへ 
FC2 Blog Ranking blogram投票ボタン
関連記事

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック