岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



6月の千貫山で山道散歩 その2(2017年)
先日の続編で、山の途中から清掃センターまで上りました。
春と夏の境目の時期なので、虫の数が少なく、生きているものはアリしか見られませんでした。
路上には、カブトムシの死体や鳥のが落ちていました。
生きているもの・使われているものを見つけるのがベストですが、死体やの一部でも「ここに住んでいる証拠」にはなります。

写真は上から順に、

コウゾリナのそう果(果実、2枚)、ホタルブクロ
マタタビの葉(白い葉の下に花が咲く)、道路の割れ目に生えたヒメジョオン(2枚)、
ニガイチゴの実(2枚)、イボタノキ
エビガライチゴの花とつぼみ、エビガライチゴのつぼみ、カブトムシ♂の死体、
シロダモの幼木(2枚)、ムネアカオオアリ
シャクガ科の1種、ウスベニスジナミシャク、コケで作られた鳥のの一部です。

コウゾリナのそう果(果実) コウゾリナのそう果(果実) ホタルブクロ
マタタビの白い葉 道路の割れ目に生えたヒメジョオン 道路の割れ目に生えたヒメジョオン
ニガイチゴの実 ニガイチゴの実 イボタノキ
エビガライチゴの花とつぼみ エビガライチゴのつぼみ カブトムシ♂の死体
シロダモの幼木 シロダモの幼木 ムネアカオオアリ
シャクガ科の1種 ウスベニスジナミシャク コケで作られた鳥の巣の一部
関連記事

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック