岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



朝日山公園(2月4日) 野生のハクチョウがやってきた その2
一昨日と昨日は暴風が吹き続けましたが、今日は工場の煙がまっすぐに上がる穏やかな天気でした。

野生のオオハクチョウが気になって、再び朝日山公園を訪れました。
今日見かけたのは成鳥が7羽、幼鳥が7羽、合計14羽でした。
一昨日は全部がまとまって行動し、今日はいくつかのグループに分かれて行動していました。
1時間ほどハクチョウの行動を観察した結果、以下のことが分かりました。

・野生のハクチョウと飼われているハクチョウは、お互いに警戒しあって近寄らない。
・人間がカモにエサを与えると、野生のハクチョウカモに混じって近づいてくるが、エサを採るまでには至らず、人間と一定の距離を保つ。
・野生のハクチョウカモを攻撃しないが、ユリカモメには攻撃をしかける。見慣れているか見慣れていないかの違い?

人間がいる環境に徐々に慣れていって、やがては人間が与えたエサを食べるようになるのでしょうか。

1枚目 飼われているオオハクチョウ、コハクチョウ、シナガチョウ
2枚目 飼われているハクチョウ(手前)と野生のハクチョウ(向こう)
3枚目 ユリカモメの群れ
残りは全て野生のオオハクチョウです。

朝日山公園,飼われているハクチョウとシナガチョウ 朝日山公園,飼われているハクチョウと野生のハクチョウ 朝日山公園,ユリカモメの群れ
朝日山公園,オオハクチョウの群れ 朝日山公園,オオハクチョウの群れ 朝日山公園,オオハクチョウの群れ
朝日山公園,オオハクチョウの群れ 朝日山公園,オオハクチョウの群れ 朝日山公園,オオハクチョウの群れ
朝日山公園,オオハクチョウの群れ 朝日山公園,オオハクチョウの群れ 朝日山公園,オオハクチョウとカモの群れ
朝日山公園,オオハクチョウの群れ 朝日山公園,オオハクチョウの幼鳥 朝日山公園,オオハクチョウの幼鳥と成鳥
関連記事

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック