岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



第25回 いわぬまエアポートマラソン
12月とは思えない小春日和の中、毎年恒例のエアポートマラソンが行われました。
東日本大震災後、昨年までは規模を縮小して行われていましたが、今年は仮設住宅がなくなって駐車場とグラウンドが使えるようになったため、震災前と同じ規模での開催となりました。
昨年まで中断されていた「5キロの部」が復活し、各部門合わせて2500人以上が参加しました。
今年は、ゆるキャラ4匹が応援にやってきました。これは25回目にして初めての出来事でした。

開会式に参加した宮城県のキャラクターむすび丸」と岩沼市のキャラクター「岩沼係長」です。



開会式に参加したゆるキャラ4匹です。
河北新報の「かほピョン」、宮城県の「牛政宗」と「むすび丸」、岩沼市の「岩沼係長」です。



ファミリーの部(小学1年~3年とその家族、1.5キロ)がスタートするところです。
ファミリーの部は、一緒に手をつないで走る必要があります。



小学生の部(小学4年~6年、2キロ)がスタートするところです。



10キロの部(高校生以上一般)がスタートするところです。
この大会の花形とされる部門で、スタートと同時に花火が打ち上げられます。
仙台国際空港を離陸した全日空のB777-200が上空を飛んでいったので、カメラを向けてしまいました。
(「エアポート」マラソンらしくていいかも)



5キロの部(高校生以上一般)が陸上競技場をスタートし、バイクに先導されて路上に出てくるところです。



3キロの部(中学生男女、高校生以上一般女子)、5キロの部(高校生以上一般)、10キロの部(高校生以上一般)のゴール直前、先頭から20分です。
画面の左側に陸上競技場があり、そこを一周してゴールします。
画面右側は、仮設住宅があったところの解体工事現場です。
最初は3キロの部(青ゼッケン)、1分55秒ぐらいから5キロの部(緑ゼッケン)、7分ぐらいから10キロの部(白ゼッケン)が登場します。
各部門入り乱れて走っていますが、10キロの部の早い人は他の人と比べて「走り方が違う」のが一目瞭然です。
今年の10キロの部は、スタートで先頭に立った人がそのままぶっちぎってゴールする、キタサンブラック(北島三郎が保有する競走馬)のような走りを見せてくれました。


関連記事

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック