岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



仙台国際空港(9月11日) 矢野目新橋から
県道10号塩釜亘理線と川内沢川放水路が交わる地点、仙台空港トンネルのすぐ北側に、震災後に新しくかけられた「矢野目新橋」があります。
「矢野目」という地名から分かるように、この地点は空港の北側にあるけれども岩沼市内に位置します。

この新しい橋の上は、仙台国際空港を訪れる飛行機ファンの撮影・見物ポイントになっています。
主に午後から、山の方に向かって離陸する旅客機がターゲットです。
私も橋の上でいろいろな旅客機を撮影しながら、全日空のB777-300が離陸するのを待っていましたが、暗くなってきても動かず、仕方なく撤収しました。

矢野目新橋から見た川内沢川放水路と仙台国際空港

ピーチアビエーションのA320-200(JA804P)が離陸するところです。


エアドゥのB737-700(JA16AN)が離陸するところです。


全日空のB767-300(JA8579)が着陸するところです。


中国国際航空のB737-800(B-5431)が離陸するところです。

関連記事

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック