岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ハイキングコース クモの巣に水滴
七ツ堤ハイキングコースを訪れました。
雨が降ったり止んだりの落ち着かない天気でしたが、傘をさしながら散歩する人や合羽を着ながら釣りをする人に出会いました。
メインターゲットは、この時期にふさわしく、水滴がついたクモの巣でした。
こちらが近づくときに巣を揺らしてしまうので、巣の持ち主は逃げて隠れてしまうことが多いです。
ため池のまわりでは、羽化したばかりの赤トンボが見られました。

写真は上から順に、
水滴がついたクモの巣(6枚)、
チダケサシ、ネムノキのつぼみ、アカメガシワの花、
キンミズヒキ、ヒメコウゾの実、マユタテアカネ未成熟♂、
オオヘリカメムシ幼虫、アキアカネ未成熟♂、ヒカゲチョウ♂です。

水滴がついたクモの巣 水滴がついたクモの巣 水滴がついたクモの巣
水滴がついたクモの巣 水滴がついたクモの巣 水滴がついたクモの巣
チダケサシ ネムノキのつぼみ アカメガシワの花
キンミズヒキ ヒメコウゾの実 マユタテアカネ未成熟♂
オオヘリカメムシ幼虫 アキアカネ未成熟♂ ヒカゲチョウ♂
関連記事

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック