岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



県道岩沼蔵王線 姥ヶ懐トンネル着工式
宮城県岩沼市志賀で、県道岩沼蔵王線の姥ヶ懐(うばがふところ)トンネル着工式が行われました。
姥ケ懐トンネルは、岩沼市志賀と村田町小泉を結ぶトンネルです。
「姥ケ懐」は、村田町にある地名です。
現在は同区間をくねくねした峠道が通っていますが、トンネルが開通すればほぼ直線を走ることができ、行き来が楽になります。

県道岩沼蔵王線,姥ヶ懐トンネル着工式 県道岩沼蔵王線,姥ヶ懐トンネル着工式 県道岩沼蔵王線,姥ヶ懐トンネル着工式

着工式で行われた鍬入れ式です。


作業員の合図とともに機械が動き出し、トンネル掘削が始まったところです。
お祝いの花火吹奏楽演奏もありました。


トンネルに向かって通っている道路がかなり急な坂道で、今ある峠道と勾配があまり変わらないので、不思議に思って関係者に尋ねてみました。
今通っている道路は工事用の道路で、開通したときにトンネルに向かう道路はもっと緩やかなものになる、という回答をいただきました。

工事現場で行われる「着工式」「鍬入れ式」の類を実際に見物できたのは、今回が初めてです。
事前に予定が公表されていたため、一般の人でも立ち入りができた次第です。
関連記事

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック