岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ため池のイモリとオタマジャクシ
七ツ堤の一番上にあるため池(ビル沼)を訪れました。
このため池には、他の場所では見られないイモリ(アカハライモリ)が生息しています。
ふだんは池の底にいてはい回っていますが、呼吸をするためにときどき水面まで浮かび上がってきます。
浮かび上がるのはゆっくり、呼吸したあと再び潜るのは素早く、水面近くまで来たのを見てから撮影しようとしても手遅れな場合が多いです。
ため池にはウシガエルの幼生(オタマジャクシ)もいて、水中の枯れ草にちょこんと乗っている様子は音符のようで可愛らしいです。

写真は上から順に、
アカハライモリ、ウシガエルのオタマジャクシ(2枚)、
ウシガエルのオタマジャクシ(2枚)、アマドコロ
コサナエ♂、ミズバショウの葉に止まったベニシジミです。

アカハライモリ ウシガエルの幼生(オタマジャクシ) ウシガエルの幼生(オタマジャクシ)
ウシガエルの幼生(オタマジャクシ) ウシガエルの幼生(オタマジャクシ) アマドコロ
コサナエ♂ ミズバショウの葉に止まったベニシジミ


関連記事

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック