岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



岩沼の里山 初夏の花、チョウ、トンボ
初夏のこの季節、天候がよければ毎日でも山に入って花や虫たちを観察したくなります。
今日は、志賀地区の民家が点在する里山を歩いてきました。
山道を歩いていくと、行き止まりになって開けた空間がある場所に出ることがあります。
かつて家が建っていて、今は家が解体され更地になっているところです。
山の中にぽっかりと開けた空間ができたため、そういう場所を好む植物が生え、虫も集まってきます。

写真は上から順に、
タニウツギヤブデマリ(2枚)、
ヒメフウロ、ヒメフウロにやってきたツマキチョウ♂、ハルジオンにやってきたウスバシロチョウ
キツネアザミミズキの花、タニウツギ
サカハチチョウ、シオヤトンボ♂(2枚)です。

タニウツギ ヤブデマリ ヤブデマリ
ヒメフウロ ヒメフウロにやってきたツマキチョウ♂ ハルジオンにやってきたウスバシロチョウ
キツネアザミ ミズキの花 藤とタニウツギ
サカハチチョウ シオヤトンボ♂ シオヤトンボ♂

民家の近くに生えているヒメフウロは、国産のものではなく、輸入された園芸種が野生化したものです。

ウスバシロチョウ(ウスバアゲハ)の交尾拒否です。

関連記事

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック