岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。ページ全体が表示されるまで時間がかかるので、少々お待ち下さい。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



海岸防災林そばの秋の生き物たち
連休期間中、国の震災復興事業である海岸防災林工事は休みでした。
岩沼市長谷釜・寺島の海岸防災林工事現場に行って、まわりに住んでいる生き物たちを観察してきました。
防災林のど真ん中には広大な湿地帯が残され、防災林のとなりでは岩沼市の千年希望の丘(長谷釜地区)が作られていました。
湿地帯はほとんどがヨシ原で、その中にタデの仲間やミソハギ、ガマズミなどがぽつりぽつりと生えていました。
防災林の土盛りの法面には、さまざまな植物が展示会のように一定の間隔を保って生えていました。
ギンヤンマや赤トンボがたくさん飛び交い、交尾・産卵する姿も見られました。

写真は上から順に、
海岸防災林湿地帯、湿地帯とその中にできた沼、海岸防災林と千年希望の丘
オオイヌタデ、カヤツリグサ、ススキ
シロバナサクラタデ(2枚)、クズ
イヌタデ、ヤナギタデ、ハハコグサ、
ヨウシュヤマゴボウ、ミソハギ、ガマズミの実、
オオイヌタデにやってきたヒメアカタテハ、トノサマバッタ♀(褐色型)、産卵中のアキアカネ、
交尾中のノシメトンボ、産卵中のギンヤンマ(♂♀連結、♀単独)です。

海岸防災林と湿地帯 湿地帯とその中にできた沼 海岸防災林と千年希望の丘
オオイヌタデ カヤツリグサ ススキ
シロバナサクラタデ シロバナサクラタデ クズ
イヌタデ ヤナギタデ ハハコグサ
ヨウシュヤマゴボウ ミソハギ ガマズミの実
オオイヌタデにやってきたヒメアカタテハ トノサマバッタ♀(褐色型) 産卵中のアキアカネ
交尾中のノシメトンボ 産卵中のギンヤンマ(♂♀連結) 産卵中のギンヤンマ(♀単独)
関連記事

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック