岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



南の国からやってきた迷蝶
今日は久しぶりの晴天で、気温がぐんぐん上昇しました。
阿武隈川河川敷を訪れて、地面で水を吸っているチョウを観察してきました。

その中に、見慣れない派手なチョウが1頭いました。
沖縄や東南アジアに生息するメスアカムラサキの♂でした。
最近の台風もしくは秋雨前線に乗って南の国から運ばれ、宮城県まで飛ばされてきたのでしょう。

台風などで運ばれ、本来分布していない地域で目撃されるチョウを、まとめて「迷蝶」と呼びます。
鳥やトンボでも同じ現象が見られ、「迷鳥」「迷トンボ」と呼ばれます。
台風や長雨のあと、それらの珍しい生き物を探し回る愛好家が出てきます。

写真は上から順に、
メスアカムラサキ♂(2枚)、モンキチョウ♂、
モンシロチョウ♂、ヒメアカタテハ♂、オオチャバネセセリ♂、
ノブドウの花にやってきたジャコウアゲハ♂、同左ジャコウアゲハ♀、産卵中のトノサマバッタ♀です。

メスアカムラサキ♂ メスアカムラサキ♂ モンキチョウ♂
モンシロチョウ♂ ヒメアカタテハ♂ オオチャバネセセリ♂
ノブドウの花にやってきたジャコウアゲハ♂ ノブドウの花にやってきたジャコウアゲハ♀ 産卵中のトノサマバッタ♀


関連記事

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック