岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



仮設住宅から「日常」へ
岩沼市里の杜にあるプレハブ仮設住宅は300世帯以上ありましたが、そのうち9割以上が退去し、残りも来年の4月末を期限に退去することになっています。
(市議会で「期限までに退去できなかったらどうするのか?」「そうならないように努力する」というやりとりがありました)
全世帯が退去したプレハブからはガスボンベが撤去され、細いガス管だけが残っています。玄関前まで行っていちいち調べなくても、表に出ているガス管をチェックすれば、居住者がまだ残っているか否かが分かります。
仮設住宅居住者専用だった駐車場は、その4分の3ほどが市民会館や総合体育館の臨時駐車場になり、残りを居住者が使っています。
震災前は市民会館の駐車場だったところに仮設住宅を建てたので、かつての「日常の風景」が少しずつ戻ってきていることになります。

全世帯が退去したプレハブ仮設住宅 全世帯が退去したプレハブ仮設住宅 全世帯が退去したプレハブ仮設住宅
全世帯が退去したプレハブ仮設住宅 全世帯が退去したプレハブ仮設住宅 全世帯が退去したプレハブ仮設住宅,役目を終えた看板
市民会館や総合体育館の臨時駐車場 仮設住宅居住者の駐車場 仮設住宅居住者の駐車場
関連記事

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック