岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



岩沼市玉浦西の居久根
居久根」再生この手で 岩沼玉浦西(3月24日 河北新報)
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201503/20150324_13037.html

新しく作られた居久根はどのようなものなのか、見物してきました。
岩沼市玉浦西の居久根 岩沼市玉浦西の居久根 岩沼市玉浦西の居久根
岩沼市玉浦西の居久根 岩沼市玉浦西の居久根 岩沼市玉浦西の居久根
岩沼市玉浦西の居久根 岩沼市玉浦西の居久根 岩沼市玉浦西の居久根
岩沼市玉浦西の居久根 岩沼市玉浦西の居久根 岩沼市玉浦西の居久根
岩沼市玉浦西の居久根 岩沼市玉浦西の居久根 岩沼市玉浦西の居久根

・旧来の居久根は各世帯ごとに作られたが、新しい居久根は集落の西側と北側に作られ、集落全体を冬の冷たい風から守る。
・旧来の居久根は針葉樹やケヤキが主体だったが、新しい居久根は常緑樹が主体である。
・低木、中高木、高木の三層構造で、単なる植樹にとどまらず「森林」を作ろうとしている。

旧来の景観を取り戻すことを目標としているけれども、実際にできるのは「旧来の伝統を踏まえた、新しい景観」になるのでしょう。
関連記事

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック