岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



千貫山のオオムラサキ
国蝶オオムラサキ♂の行動パターンは、だいたい決まっています。
午前からお昼ごろまでは樹木の葉っぱの上に止まって縄張りを見張り、お昼ごろから午後にかけては樹液に集まることが多いです。
今日、午後に少し晴れ間がのぞいたので、千貫山に登ってオオムラサキを探しました。
清掃センターの近くに生えているコナラ樹液に、いろいろな虫が集まっているのを発見、その中にオオムラサキ♂もいました。

コナラ樹液に集まっているオオスズメバチ1匹、オオムラサキ♂1頭、カナブン2匹です。
4年前に同じ顔ぶれを動画で撮影したときは激しく争っていましたが、今日は涼しかったためか、みんなおとなしめでした。


写真は上から順に、
コナラ樹液にやってきたオオムラサキ♂・オオスズメバチカナブン、オオヒカゲ♂、ビロウドカミキリ
イチモンジセセリ、ヤマトフキバッタ♀、交尾中のハスジカツオゾウムシ
オカトラノオにやってきたミドリヒョウモン♀、同左スジグロシロチョウ♀、ヤマトシジミ♀です。
コナラの樹液にやってきたオオムラサキ♂・オオスズメバチ・カナブン オオヒカゲ♂ ビロウドカミキリ
イチモンジセセリ ヤマトフキバッタ♀ 交尾中のハスジカツオゾウムシ
オカトラノオにやってきたミドリヒョウモン♀ オカトラノオにやってきたスジグロシロチョウ♀ ヤマトシジミ♀
関連記事

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック