岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



千貫山のふもとにオオムラサキが舞う
岩沼市と柴田町の境界にある鍛冶スポーツ公園は、震災時にがれき置き場になったあと、利用ができなくなっています。
利用できないのにていねいに草刈りしてある、不思議な公園です。
公園の端っこは草刈りされていないのでさまざまな草本が生い茂り、色々な生き物のすみかになっています。

スポーツ公園から真上を見上げると、千貫山を望むことができます。
千貫山の頂上付近には、国蝶オオムラサキが数頭見られ、活発に空を飛んでいました。
1ヶ所で数頭見られるのだから、今年は大当たりの年かもしれません。
その中の一部が山のふもとまで降りてきて、公園から目視できるところに止まりました。
葉っぱの上に止まって縄張りを見張り、スズメなどの小鳥、アゲハチョウの仲間、オニヤンマなどが近くを飛ぶと、勢いよく飛び出して追い払います。
自分と同じぐらいの大きさの生き物とは争うけれども、自分よりはるかに大きな鳥やはるかに小さな虫は無視するところが面白いです。

写真は上から順に、
草刈りした鍛冶スポーツ公園、アカメガシワの葉っぱに止まるオオムラサキ♂(2枚)、
オオカマキリ褐色型幼虫、オオカマキリ緑色型幼虫、イオウイロハシリグモ、
マイコアカネ未成熟♂、ホソバセセリカナヘビ
キマダラセセリ、ナガコガネグモ♀、オカモノアラガイ、
ニホンアマガエル、コガネグモ♀、ベニシジミ♂です。
草刈りした鍛冶スポーツ公園 アカメガシワの葉っぱに止まるオオムラサキ♂ アカメガシワの葉っぱに止まるオオムラサキ♂
オオカマキリ褐色型幼虫 オオカマキリ緑色型幼虫 イオウイロハシリグモ
マイコアカネ未成熟♂ ホソバセセリ カナヘビ
キマダラセセリ ナガコガネグモ♀ オカモノアラガイ
ニホンアマガエル コガネグモ♀ ベニシジミ♂
関連記事

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック