岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



岩沼市下野郷のメガソーラー 建設中
岩沼市下野郷、臨空工業団地の東側で、岩沼臨空メガソーラーが建設中です。
大手商社・丸紅が運営会社を設立し、発電した電力は全て東北電力に売られます。
岩沼臨空メガソーラー 岩沼臨空メガソーラー 岩沼臨空メガソーラー
岩沼臨空メガソーラー 岩沼臨空メガソーラー 岩沼臨空メガソーラー
岩沼臨空メガソーラー 岩沼臨空メガソーラー 岩沼臨空メガソーラー
岩沼臨空メガソーラー 岩沼臨空メガソーラー 岩沼臨空メガソーラー
岩沼臨空メガソーラー 岩沼臨空メガソーラー 岩沼臨空メガソーラー

中国・英利製のソーラーパネル(Yingli Solar)を箱詰めして輸入し、現場でパネルを組み立てて設置しています。
もうすでに半分ぐらいの組み立てが終わっていました。
英利(英利緑色能源、インリーソーラー)はワールドカップブラジル大会の公式スポンサーで、世界有数の太陽光発電メーカーです。
日本の震災復興事業なのに、海外企業の製品が堂々と使われ、地元に経済効果をもたらさない、そういうやり方はいかがなものなのか、と思いました。
関連記事

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

結構、鋭いところを突いてますね。
このソーラーパネルの設置が、公共なのか民間なのかにより、状況が変わってきますが、復興に重きを置くと、確かに疑問が湧きます。
もし、今後の電力供給に市が考慮して設置したものならば、今後期待ですね。

【2014/07/13 11:41】 URL | sakimori #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック