岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



朝日山公園(7月11日) 台風一過の公園にて
今日は台風(温帯低気圧)が通過したあと、午後から青空が広がり、蒸し暑くなりました。
空が明るくなってくると、それまで雨をしのいでいた虫たちが活発に動き出しました。
セミカナブンが姿を現し、真夏のメンバーがそろってきました。

写真は上から順に、
ホソバセセリ、アシグロツユムシの幼虫、セマダラコガネ、
ニイニイゼミの抜け殻、モノサシトンボ、マメコガネ、
コナラの樹液にやってきたカナブンとアオカナブン、オカトラノオにやってきたキアゲハ、地上に出てきたケラ
オオアワダチソウ、八重咲きのクチナシ(2枚)、
台風一過の朝日山公園(2枚)です。
ホソバセセリ アシグロツユムシの幼虫 セマダラコガネ
ニイニイゼミの抜け殻 モノサシトンボ マメコガネ
コナラの樹液にやってきたカナブンとアオカナブン オカトラノオにやってきたキアゲハ 地上に出てきたケラ
オオアワダチソウ 八重咲きのクチナシ 八重咲きのクチナシ
台風一過の朝日山公園 台風一過の朝日山公園

アシグロツユムシの幼虫は体が真っ黒で、後ろ足が長いアリのように見えます。
アリそっくりの姿になることによって、敵から身を守っています。
ふだんは地下にもぐっているケラ(オケラ)は、雨が降った直後に地上に出てきて、道路の上でよく見かけます。
関連記事

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック