岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



がれき処理場の跡地にできた巨大な水たまり
岩沼市押分(二の倉と藤曽根の中間)の海沿いにあったがれき処理場(仮焼却場とがれき置き場)は、後片付けが終わって、今は更地になっています。
この地域はもともと周辺より標高が低く、震災前には、松林の中に湿地水たまり)が点在していました。
がれき処理場を作るためにまっ平らにされ、処理が終わったあと、そこに水がたまって巨大な水たまりができました。
人間が来なくなったこの一帯は水鳥とトンボの楽園になり、長靴をはいて中に入れば、水が透明なので小魚やヤゴが泳いでいる姿も見えます。

写真は上から順に、
巨大な水たまりの様子(6枚)、
トンボ科のヤゴ、イトトンボ科のヤゴ、羽化したばかりのアキアカネ♀、
オツネントンボ、交尾中のセスジイトトンボ(2枚)です。
がれき処理場の跡地にできた巨大な水たまり がれき処理場の跡地にできた巨大な水たまり がれき処理場の跡地にできた巨大な水たまり
がれき処理場の跡地にできた巨大な水たまり がれき処理場の跡地にできた巨大な水たまり がれき処理場の跡地にできた巨大な水たまり
トンボ科のヤゴ イトトンボ科のヤゴ 羽化したばかりのアキアカネ♀
オツネントンボ 交尾中のセスジイトトンボ 交尾中のセスジイトトンボ

交尾中のセスジイトトンボです。

関連記事

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック