岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



阿武隈川河川敷でタテハチョウ三兄弟
阿武隈川下流の河川敷には、人間の背丈より高い草が生え放題で、ところどころにヤナギなどの樹木があります。
砂利道からヤナギの真下まで人が足を踏み入れた形跡があり、「クワガタムシを採りに来たんだろうなあ」と思いつつ、私もヤナギのそばまで行ってみました。
ヤナギの幹から樹液が出ていて、そこにタテハチョウ3種類、ゴマダラチョウとキタテハとコムラサキが集まっていました。


ゴマダラチョウ,キタテハ,コムラサキ ゴマダラチョウ,キタテハ,コムラサキ ゴマダラチョウ,キタテハ,コムラサキ

ガガイモの花にやってきたキタテハ、アオハナムグリ、シロテンハナムグリ、
水たまりでゆであがったクロベンケイガニ(2枚)、阿武隈川河川敷の様子です。
ガガイモの花にやってきたキタテハ ガガイモの花にやってきたアオハナムグリ ガガイモの花にやってきたシロテンハナムグリ
水たまりでゆであがったクロベンケイガニ 水たまりでゆであがったクロベンケイガニ 阿武隈川河川敷

砂利道にできた水たまりには、川から上がってきたクロベンケイガニが入っています。
昼間の暑さにより、水たまりの水温がお風呂なみに上昇し、逃げ遅れた個体は「ゆでガニ」になってしまいました。
関連記事

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック