岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ため池をなめてはいけないわけ
梅雨の雨が降り出す前、七ツ堤のうち3つのため池(ロッシャラ堤、金原堤、繁密堤)には、水がほとんどありませんでした。
一番底の部分に少しだけ水が残っていて、その他の部分は地面が露わになっていました。
ため池はすり鉢のような形で、浅い部分がなく急激に深くなっています。
それゆえ、釣りなどをしていて足をすべらせると、いきなり深いところに落ちてしまいます。
川や海と違って水面が穏やかだからといって、なめてかかってはいけません。
泳げない人、浮かぶことすらできない人、そういう人は釣りなどで水とつきあうべきではないと思うし、ライフジャケットなど救命具を着用していれば命だけは助かったかもしれません。
ロッシャラ堤 ロッシャラ堤 ロッシャラ堤
金原堤 金原堤 金原堤
繁密堤 繁密堤

七ツ堤のまわりで見かけた蝶たち、上から順に、
ゴマダラチョウ、ノアザミにやってきたカラスアゲハ、サトキマダラヒカゲ、
ヒメジョオンにやってきたアオスジアゲハとダイミョウセセリです。
ゴマダラチョウ ノアザミにやってきたカラスアゲハ サトキマダラヒカゲ
ヒメジョオンにやってきたアオスジアゲハ ヒメジョオンにやってきたダイミョウセセリ
関連記事

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック