岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



岩沼郷土かるた 失われた名所や風景
岩沼の名所や風景を詠んだ「岩沼郷土かるた」が、平成13年(2001年)11月に作られました。
かるたの中で、8つの句に詠まれているものが、震災で失われてしまいました。

「く」 黒松が 続く 海岸緑地帯
「け」 軽快な オールのさばき 貞山堀
「に」 二野倉の 海に輝く 初日の出
「ぬ」 ぬくもりを あたえてくれる 千寿荘
「へ」 遍照寺 弘法大師堂 修行の場
「ほ」 ほほえみかけて 心を癒す くろまつ荘
「ま」 松原と 緑が続く 海浜公園
「む」 胸踊る 水着姿の 二の倉プール
岩沼郷土かるた,震災で失われたもの 岩沼郷土かるた,震災で失われたもの
岩沼郷土かるた,震災で失われたもの 岩沼郷土かるた,震災で失われたもの

「け」で詠まれている東北大学ボート部は釜房湖に移転、「に」で詠まれている二野倉の海岸は立入禁止なので、現時点では失われたものとみなします。
関連記事

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック