岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



パラカップ仙台 in 仙台空港
仙台空港周辺(宮城県名取市)で「パラカップ仙台 in 仙台空港」が行われました。東日本大震災からの復興支援のためのチャリティランニングイベント(市民マラソン大会)でした。
下増田第二臨空公園があった場所がメイン会場で、スタート&ゴール地点、ステージや各種出店もありました。
開始時点ですでに雨が降っていて、ときどき土砂降りになりましたが、大会は中断することなく最後まで行われました。
コースのところどころで、応援する人たちと走っているランナーがハイタッチを繰り返しているのが印象に残りました。どこかのエアポートマラソンでは見られない光景です。

ステージに立っている宮城県のマスコットキャラクター「むすび丸」と、その真上を通過する旅客機(全日空のB737-800)です。


チームで走る3時間リレーマラソンのスタートです。


3時間リレーマラソンで1周目のランナーが会場に戻ってくるところです。
このあたりは、もともと集落や田畑や公園があったところで、道路はまだ復旧されていないです。


3時間リレーマラソンを走るランナーと、その真上を通過する旅客機(ジェイエアのCRJ200)です。


(追記に続きます)
3時間リレーマラソンを走るランナーと、その真上を通過する旅客機(アイベックスエアラインズのCRJ700)です。


3時間リレーマラソンを走るランナーと、その真上を通過する旅客機(全日空のB767-300)です。


3時間リレーマラソンを走るランナーと、その真上を通過する旅客機(エアドゥのB737-500)です。


3時間リレーマラソンを走るランナーと、その真上を通過する旅客機(エバー航空のA330-200)です。

関連記事
テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

パラカップ仙台実行委員の中森です。素敵な動画をありがといございます!!とっても嬉しいです♬

【2012/09/26 12:58】 URL | 中森あやこ #- [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック