岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



阿武隈川のジャコウアゲハ 生き残った
阿武隈川下流の河川敷に生息しているジャコウアゲハが、昨年3月の津波を乗り越えて生き残っていました。
このあたりは海からやってきた津波と川をさかのぼってきた津波に挟み撃ちされ、もしウマノスズクサ(幼虫の食草)や越冬中のさなぎが流されていたら「絶滅確定」でした。
昨年の春と夏、今年の春には姿が見当たらず、そして今年の夏の終わり、「まわりはだいぶ片付いたし、ダメもとで行ってみようか」と今日ふらりと訪れたら、ムラサキツメクサにやってきた♂が1頭、樹木の間を飛ぶ♂がもう1頭・・
ジャコウアゲハ♂,ムラサキツメクサ ジャコウアゲハ♂,ムラサキツメクサ

その他に見かけた蝶、上から順に
アサマイチモンジ、ヒメアカタテハ、
ツマグロヒョウモン♂、水を吸っているキアゲハ・モンキチョウ・キチョウの群れです。
アサマイチモンジ ヒメアカタテハ,ムラサキツメクサ
ツマグロヒョウモン♂ 水を吸っているキアゲハ・モンキチョウ・キチョウの群れ
関連記事

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック