岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



被災地でたくましく生きる植物たち
市民会館で開催された復興シンポジウムに行く前に、二の倉や長谷釜の被災地を訪ねてきました。
海岸の防波堤から向こうはまだ立入禁止、防潮林の中を南北に走る道路はほとんどが通行止めでした。

あちらこちらで咲いているコスモス、空いているところへ真っ先に侵入するススキ、津波に耐えて育ったクロマツの幼木、狂い咲きしたセイヨウカラシナ、たくましく生きる植物たちが目立ちました。
被災地に咲くコスモス 被災地に咲くコスモス 被災地に咲くコスモス
被災地に咲くコスモス 被災地に咲くコスモス 被災地に咲くコスモス
被災地のススキ 防潮林とススキ 防潮林とススキ
津波に耐えて育ったクロマツの幼木 津波に耐えて育ったクロマツの幼木 被災地で狂い咲きしたセイヨウカラシナ

海岸を向いて立っているお地蔵さん、わずかな土地を使った畑作、がれき置き場にあったいろいろなキャラクターの人形(ヤクルト時代の野村監督も・・)です。
人間の営みを探す方が大変で、「復興への道はまだまだ遠い」と思いました。
海岸を向いて立っているお地蔵さん 被災地で畑作 被災地で畑作
がれき置き場にあった人形 がれき置き場にあった人形 がれき置き場にあった人形
関連記事


この記事に対するコメント

解体されたと思っていた「水玉ポッチャン」
こんなところに!
そばに有ったお店もがんばって再開しようとしているようだし、納屋の元の場所に、返してあげたいなぁ。

【2011/10/09 19:07】 URL | いわちゃん #F9oeI9X2 [ 編集]



この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック