岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



ハイキングコースが渓谷になった
台風による大雨の影響で、七ツ堤のハイキングコースが侵食され、水が流れる「川」を飛び越してV字型の「渓谷」のようになっていました。
深いところではひざまですっぽり入る50センチほど、砂利敷の道路が削り取られていました。
大雨で侵食されたハイキングコース 大雨で侵食されたハイキングコース 大雨で侵食されたハイキングコース
大雨で侵食されたハイキングコース 大雨で侵食されたハイキングコース
大雨で侵食されたハイキングコース 大雨で侵食されたハイキングコース 大雨で侵食されたハイキングコース
大雨で侵食されたハイキングコース 大雨で侵食されたハイキングコース 大雨で侵食されたハイキングコース
大雨で侵食されたハイキングコース 大雨で侵食されたハイキングコース 大雨で侵食されたハイキングコース

道路を削り取るほどの破壊力を持った水が上流からやってきたら、急ごしらえの仮設住宅などはひとたまりもありませんね・・
被災地では海からやってくる水を避けるために「高台に仮設住宅」「高台に移転」と言われていますが、真上から降ってくる水や上流から流れてくる水をどうやって避けるかも考えなければならないわけです。

水が茶色に濁った七ツ堤です。
水が茶色に濁った七ツ堤 水が茶色に濁った七ツ堤
関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック