岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



大震災から半年 川沿いを中心に
東日本大震災から半年がたった岩沼市玉浦地区の川沿いを中心にめぐってきました。

矢野目地区の五間堀川下流に生えているキクイモの花、コスモスの花とブルーシートで覆われた堤防です。
五間堀川下流のキクイモ 五間堀川下流のコスモスとブルーシート 五間堀川下流のコスモスとブルーシート

県道125号岩沼海浜緑地線と市道空港三軒茶屋線の交差点、信号が復旧していました。
半年間、全国の警察官がここで交通誘導をしていました。長い間お疲れさまでした。
信号が復旧した交差点 信号が復旧した交差点

藤曽根から相ノ釜に向かう市道の五間堀川にかかる部分と、県道10号塩釜亘理線の短いバイパス部分が、まだ不通です。
昔からの旧道が生き残り、最近できたパイパスが破壊される、そういうこともあるんですね。
まだ不通の市道 まだ不通の県道

津波をかぶった田んぼに生えたミズアオイの花とショウジョウトンボです。
ミズアオイ ミズアオイとショウジョウトンボ

阿武隈川河川敷グラウンドで、「復興フェスティバル がんばろう!宮城 in ABUKUMA」の準備が行われていました。
オールドカーフェスティバルに参加する車が何台か会場に入っていました。
復興フェスティバルの準備 復興フェスティバルの準備

(9月10日分のネタを11日にアップしました)
関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック