岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



仙台国際空港 空港が拡張される
仙台国際空港の西側に造成された、岩沼市下野郷の「中坪・荷揚場工業用地」。
進出企業がなかなか出てこない間に、空港に面したところで格納庫などの工事が進んでいます。

ここに造られているのは、空港の東側(海側)から順に、

・宮城県防災ヘリコプターの活動拠点(格納庫など)
・仙台市消防ヘリコプターの活動拠点(格納庫など)
・仙台空港第三小型機格納庫
・東邦航空東北事業所(ヘリコプター格納庫など)

宮城県防災ヘリコプターの活動拠点(格納庫など) 仙台市消防ヘリコプターの活動拠点(格納庫など)
仙台空港第三小型機格納庫 東邦航空東北事業所(ヘリコプターの格納庫など)

全てが完成すれば、空港の西側に新しく4つの格納庫ができます。
工業用地の半分ほどを使って、空港の機能と面積が拡張されるわけです。

工事している場所の東側はまだ何も決まっていないので、そこで飛行機を見物するのは当分の間可能でしょう。

全日空(ANA)のA320-200(JA6809)が誘導路をタキシングするところと、中国国際航空のB737-800(B-5341)が着陸するところです。



エバー航空のA321-200(B-16225、新塗装)が着陸するところです。



テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報