岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



渡ってきた冬のカモ
今日は、季節を1ヶ月ほど先取りした寒さとなりました。
押分水門付近の五間堀川の中洲に、冬鳥として渡ってきたばかりのコガモの群れがいました。
この時期のカモの♂はエクリプス(♀に似た地味な羽衣)で、♂♀を見分けることは困難です。
冬になると♂は衣替えをして派手な姿になります。
堤防にはセイタカアワダチソウの群落がありました。
草刈りをしている場所なので背丈が低く、高さがほぼそろっていて行儀よく見えました。



写真は上から順に、

コガモの群れ(2枚)、メマツヨイグサ
セイタカアワダチソウの群落(6枚)です。

コガモの群れ コガモの群れ メマツヨイグサ
セイタカアワダチソウの群落 セイタカアワダチソウの群落 セイタカアワダチソウの群落
セイタカアワダチソウの群落 セイタカアワダチソウの群落 セイタカアワダチソウの群落


 にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ 人気blogランキングへ 
FC2 Blog Ranking blogram投票ボタン

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

阿武隈川のセイタカアワダチソウ(2017年)
日本製紙岩沼工場付近の阿武隈川を訪れました。
河川敷堤防の平面のかなりの割合が、セイタカアワダチソウの群落に占領されていました。
人間の手がほとんど入らない河川敷に生えているものは背が高く開花が早く、草刈りが行われる堤防に生えているものは背が低く開花が遅いです。
河川敷の盛り土から、周囲を埋め尽くしたセイタカアワダチソウの群落を見下ろせる場所がありました。
今日は曇り空だったけれども、たくさんのチョウミツバチが花を訪れていました。

最後の写真は、セイタカアワダチソウにやってきたベニシジミとニホンミツバチです。

阿武隈川河川敷のセイタカアワダチソウ 阿武隈川河川敷のセイタカアワダチソウ 阿武隈川河川敷のセイタカアワダチソウ
阿武隈川河川敷のセイタカアワダチソウ 阿武隈川河川敷のセイタカアワダチソウ 阿武隈川河川敷のセイタカアワダチソウとオオイヌタデ
阿武隈川堤防のセイタカアワダチソウ 阿武隈川堤防のセイタカアワダチソウ 阿武隈川河川敷のセイタカアワダチソウ
阿武隈川河川敷のセイタカアワダチソウ 阿武隈川河川敷のセイタカアワダチソウ セイタカアワダチソウにやってきたベニシジミとニホンミツバチ


 にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ 人気blogランキングへ 
FC2 Blog Ranking blogram投票ボタン

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

阿武隈川河川敷のヒマワリ畑@宮城県亘理町(2017年)
亘理町逢隈の阿武隈川河川敷に作られたヒマワリを訪れました。
文句なしの青空の下、見頃になったヒマワリを見物する人たちが大勢やってきました。
ここにはヒマワリ5万本が植えられていて、通路を通って中に入ることもできます。
すぐそばに常磐線の鉄橋があり、阿武隈川の向こうには岩沼市の千貫山や日本製紙岩沼工場が見えます。
常磐線日本製紙を背景にした場合、「花があっちを向いている」のが残念な点です。
ヒマワリの花には、チョウハチハナムグリなどもやってきました。

写真は上から順に、

河川敷ヒマワリ(6枚)、
ヒマワリにやってきたクロアゲハ、同左キアゲハ、キアゲハとセイヨウミツバチ、
同上アカタテハ、ツマグロヒョウモン♀、キタテハ、
イチモンジセセリ、ツメクサガ()、コアオハナムグリ
クマバチ、クマバチとコアオハナムグリ、キンケハラナガツチバチです。

亘理町逢隈,阿武隈川河川敷のヒマワリ畑 亘理町逢隈,阿武隈川河川敷のヒマワリ畑 亘理町逢隈,阿武隈川河川敷のヒマワリ畑
亘理町逢隈,阿武隈川河川敷のヒマワリ畑 亘理町逢隈,阿武隈川河川敷のヒマワリ畑 亘理町逢隈,阿武隈川河川敷のヒマワリ畑
ヒマワリにやってきたクロアゲハ ヒマワリにやってきたキアゲハ ヒマワリにやってきたキアゲハとセイヨウミツバチ
ヒマワリにやってきたアカタテハ ヒマワリにやってきたツマグロヒョウモン♀ ヒマワリにやってきたキタテハ
ヒマワリにやってきたイチモンジセセリ ヒマワリにやってきたツメクサガ ヒマワリにやってきたコアオハナムグリ
ヒマワリにやってきたクマバチ ヒマワリにやってきたクマバチとコアオハナムグリ ヒマワリにやってきたキンケハラナガツチバチ




 にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ  人気blogランキングへ 
FC2 Blog Ranking blogram投票ボタン

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

秋の田んぼにサギの群れ
秋になって黄金色に色づいてきた田んぼに、白いサギの群れが訪れています。
アマサギが数十羽の群れを作って、田んぼに住んでいる小さな生き物たちを食べています。
その群れの中に、大きなサギ、ダイサギやチュウサギが混じっていることがあります。
大きなサギは、その背の高さを活かして、見張りの役割を果たしているようです。

写真は上から順に、

アマサギの群れ(2枚)、
ダイサギとチュウサギ、アマサギの群れとダイサギ・チュウサギ(2枚)です。

田んぼのアマサギの群れ 田んぼのアマサギの群れ
田んぼのダイサギとチュウサギ 田んぼのアマサギの群れとダイサギ・チュウサギ 田んぼのアマサギの群れとダイサギ・チュウサギ


 にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ  人気blogランキングへ 
FC2 Blog Ranking blogram投票ボタン

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

夏の宴の後 公園散歩
3週間ぶりに、鍛冶スポーツ公園を訪れました。
夏にたくさん飛び回っていたオオムラサキは姿を消し、やかましかったセミの死体をいくつか見つけました。
公園のグラウンドにはバッタがたくさんいました。地面とそっくりな体色なので、動かないと発見しにくいです。
夏の宴は終わり、これから秋がやってきます。チョウトンボの仲間のメンバーが入れ替わる季節です。

写真は上から順に、

クモの糸にぶら下がったミンミンゼミの死体(2枚)、エゾゼミの死体、
ツマグロオオヨコバイ、ヒメジョオンにやってきたベニシジミ、セグロアシナガバチの巣、
ナツアカネ♀、アブを食べるシオカラトンボ(2枚)、
オオカマキリ♂、クルマバッタモドキ♂(2枚)、
クルマバッタモドキ♀(2枚)、卵を抱えたイオウイロハシリグモです。

クモの糸にぶら下がったミンミンゼミの死体 クモの糸にぶら下がったミンミンゼミの死体 エゾゼミの死体
ツマグロオオヨコバイ ヒメジョオンにやってきたベニシジミ セグロアシナガバチの巣
ナツアカネ♀ アブを食べるシオカラトンボ アブを食べるシオカラトンボ
オオカマキリ♂ クルマバッタモドキ♂ クルマバッタモドキ♂
クルマバッタモドキ♀ クルマバッタモドキ♀ 卵を抱えたイオウイロハシリグモ


 にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ  人気blogランキングへ 
FC2 Blog Ranking blogram投票ボタン

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

ほ場整備前の田んぼ 夏から秋へ その2
ほ場整備前の田んぼにちょっとお邪魔してきました。前回とは場所を変えました。
草刈り・除草がされていないので、さまざまな植物が生え放題でした。
ヒルガオキクなど前回と同じものの他、チガヤやヌマトラノオなども新たに見つけました。
たくさんいるイナゴの一部は成虫になり、驚かすと羽を広げて逃げました。

写真は上から順に、

カントウヨメナ(2枚)、カントウヨメナとチガヤ
チガヤヒルガオ(2枚)、
ヌマトラノオ、コバネイナゴ(2枚)です。

カントウヨメナ カントウヨメナ カントウヨメナとチガヤ
チガヤ ヒルガオ ヒルガオ
ヌマトラノオ コバネイナゴ コバネイナゴ


 にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ  人気blogランキングへ 
FC2 Blog Ranking blogram投票ボタン

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

オオムラサキ 井戸端会議と恋の季節
成虫が出現して1ヶ月ほどが経過したオオムラサキを観察するため、鍛冶スポーツ公園を訪れました。
コナラ樹液に、オオムラサキの♀が群がっていました。
♀を一度に複数まとめて見たのは今回が初めてで、まるで「井戸端会議」をしているかのようでした。
樹液には、カナブン、スズメバチ、ウシアブ、スミナガシやアカタテハなど他のチョウも集まっていました。
他のチョウは、体格差があるためか、オオムラサキがいる間は遠慮をしているようでした。

オオムラサキの♂が現れて、♀を1頭ずつ「ナンパ」して、あるものはすぐ近くで、あるものはちょっと離れたところで求愛行動を始めました。
追いかけ回しているうちに遠ざかってしまったので、交尾が成立したかどうかは分かりませんが・・
今が恋の季節、そして産卵を終えた成虫は寿命を迎え、8月後半になると姿を消してしまいます。

コナラの樹液に集まったオオムラサキ♀,カナブン,アカタテハなど コナラの樹液に集まったオオムラサキ♀,カナブンなど コナラの樹液に集まったオオムラサキ♀,カナブン,スミナガシなど
コナラの樹液に集まったオオムラサキ♀,カナブン,スミナガシなど コナラの樹液に集まったオオムラサキ♀,カナブン,スミナガシなど コナラの樹液に集まったオオムラサキ♀,カナブン,スミナガシなど
コナラの樹液に集まったオオムラサキ♀,カナブン,スミナガシなど オオムラサキの求愛行動 オオムラサキの求愛行動






 にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ  人気blogランキングへ 
FC2 Blog Ranking blogram投票ボタン

テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報