岩沼物語
神社と花と空港のあるまち・宮城県岩沼市から、新鮮な話題をリアルタイムでお届けします。


プロフィール

早坂 健一

Author:早坂 健一
宮城県岩沼市在住、30代♂。
ネット界では岩沼№1の有名人(おそらく)
人口は増えたけれど活気がなくなった岩沼市、それを何とかするために、ささやかながらお手伝いさせてもらいます。
大は1機200億円(岩沼市の予算1年分より高いです)の飛行機から、小は昆虫や花まで、ネタは豊富なつもりです。

989-2456 宮城県岩沼市松ヶ丘1-7-2
メールアドレス hayaichi@saturn.dti.ne.jp



カテゴリー



カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



オオムラサキ 早くも出会いの季節
連日の晴天と暑さが続く中、鍛冶スポーツ公園を訪れました。
オオムラサキの♂が活発に飛び交い、止まるときには羽の表の紫を見せてくれました。
そのうちの1頭が低空に降りてきて、その先には羽化したばかりで飛ぶのがおぼつかない♀がいました。
エノキ(幼虫の食草)の葉っぱの上で求愛行動が行われましたが、交尾には至りませんでした。
交尾が成立するところを、いつかはお目にかかりたいものです。(たぶん藪こぎが必要になるでしょう)
公園では、その他の種類のチョウナナフシなども見られました。

写真は上から順に、

オオムラサキ♂(3枚)、
オオムラサキ♀(2枚)、求愛行動中のオオムラサキ(左が♀)、
セイヨウタンポポにやってきたヒメアカタテハ、ウラギンシジミ、コベニスジヒメシャク()、
アシナガバチアブの仲間を捕食するシオヤアブ、ヒシバッタの仲間、
ヤブキリ♂、ナナフシ緑色型、ナナフシ褐色型です。

オオムラサキ♂ オオムラサキ♂ オオムラサキ♂
オオムラサキ♀ オオムラサキ♀ オオムラサキの求愛行動
セイヨウタンポポにやってきたヒメアカタテハ ウラギンシジミ コベニスジヒメシャク
コアシナガバチ アブを捕食するシオヤアブ ヒシバッタの仲間
ヤブキリ♂ ナナフシ緑色型 ナナフシ褐色型


 にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ 人気blogランキングへ 
FC2 Blog Ranking blogram投票ボタン






テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

オオムラサキ 真夏の空を舞う
今日の朝まで霧雨が降り続き、その後は真夏の青空が広がり、気温が一気に上昇しました。
鍛冶スポーツ公園を訪れると、予想通りオオムラサキの♂数頭が活発に飛び交っていました。
止まったときに羽を開いて表の紫が見られる場面には出くわしませんでした。
公園では、その他のチョウバッタナナフシトンボなども見られました。

写真は上から順に、

オオムラサキ♂(3枚)、
オオムラサキ♂(2枚)、地面の水を吸うアオスジアゲハ♂、
地面の水を吸うオナガアゲハ♂、クルマバッタモドキ幼虫、クルマバッタモドキ成虫♂、
ナナフシナナフシモドキ)成虫、コアシナガバチの巣、マイコアカネ未成熟♂、
ノシメトンボ未成熟♂、オニヤンマ♂、モウソウチク(タケノコが成長したもの)です。

オオムラサキ♂ オオムラサキ♂ オオムラサキ♂
オオムラサキ♂ オオムラサキ♂ 水を吸うアオスジアゲハ♂
水を吸うオナガアゲハ♂ クルマバッタモドキ幼虫 クルマバッタモドキ♂
ナナフシ(ナナフシモドキ)成虫 コアシナガバチの巣 マイコアカネ未成熟♂
ノシメトンボ未成熟♂ オニヤンマ♂ モウソウチク


 にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ 人気blogランキングへ 
FC2 Blog Ranking blogram投票ボタン






テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

阿武隈川に仮設の橋がかかる
仙台東部道路の4車線化工事で使われる仮設のが完成しました。
仮設のは、阿武隈川の南北両側から、川の中心に向かってかけられています。
河川敷では脚だけが残され、その上に板を載せれば仮設のまで上れるようになっています。
新しい工事が始まるまでの間は、仮設ののすぐそばまで近づくことができます。(河川敷を自由に使っていいということです)

仙台東部道路4車線化工事,阿武隈川にかかる仮設の橋 仙台東部道路4車線化工事,阿武隈川にかかる仮設の橋 仙台東部道路4車線化工事,阿武隈川にかかる仮設の橋
仙台東部道路4車線化工事,阿武隈川にかかる仮設の橋 仙台東部道路4車線化工事,阿武隈川にかかる仮設の橋 仙台東部道路4車線化工事,阿武隈川にかかる仮設の橋
仙台東部道路4車線化工事,阿武隈川にかかる仮設の橋と橋脚 仙台東部道路4車線化工事,阿武隈川にかかる仮設の橋と橋脚 仙台東部道路4車線化工事,阿武隈川にかかる仮設の橋と橋脚
仙台東部道路4車線化工事,阿武隈川にかかる仮設の橋と橋脚 仙台東部道路4車線化工事,阿武隈川にかかる仮設の橋 仙台東部道路4車線化工事,阿武隈川にかかる仮設の橋脚
仙台東部道路4車線化工事,阿武隈川にかかる仮設の橋 仙台東部道路4車線化工事,阿武隈川にかかる仮設の橋 仙台東部道路4車線化工事,阿武隈川にかかる仮設の橋


 にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ 人気blogランキングへ 
FC2 Blog Ranking blogram投票ボタン






テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

トノサマバッタの幼虫 カラフルなバリエーション
オオムラサキがそろそろ飛んでいそうな鍛冶スポーツ公園を訪れました。しかし、まだ先のようでした。
足元には、トノサマバッタの幼虫が狭いところに密集していました。
まとめて産み付けられた卵から一斉に生まれて、分散する前の状態だったのでしょう。
トノサマバッタの成虫は緑色か褐色ですが、幼虫はさまざまな色の個体がいます。
緑色、褐色の他、黄褐色、灰褐色、黒褐色、赤褐色など、同じ種類とは思えないバリエーションです。
公園では、トンボハチクモなども見られました。

写真は上から順に、

トノサマバッタの幼虫(褐色2枚、緑色)、
トノサマバッタの幼虫(黄褐色、灰褐色、黒褐色)、
トノサマバッタの幼虫(赤褐色)、ノシメトンボ未成熟♂(2枚)、
ハグロトンボ♂、交尾しようとするミカドトックリバチ、コアシナガバチ
コガネグモ♂、コガネグモ♀(2枚)です。

トノサマバッタ幼虫褐色型 トノサマバッタ幼虫褐色型 トノサマバッタ幼虫緑色型
トノサマバッタ幼虫黄褐色型 トノサマバッタ幼虫灰褐色型 トノサマバッタ幼虫黒褐色型
トノサマバッタ幼虫赤褐色型 ノシメトンボ未成熟♂ ノシメトンボ未成熟♂
ハグロトンボ♂ 交尾しようとするミカドトックリバチ コアシナガバチの巣
コガネグモ♂ コガネグモ♀ コガネグモ♀

アシナガバチです。




 にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ 人気blogランキングへ 
FC2 Blog Ranking blogram投票ボタン






テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

鍛冶スポーツ公園 梅雨時の面々
6月になってから2回目の鍛冶スポーツ公園訪問です。
今回は、人間がグラウンドに手を加えた形跡がありました。
梅雨に入った今は、ヒメジョオンが一面に咲いて、チョウコメツキムシカミキリムシなどが群がっています。
それらを狙って、クモが網を張ったり、まわりの色に似せて隠れていたりします。
公園の片隅にあるプレハブにチョウが閉じ込められ、窓ガラスに止まっていました。撮影したあと、窓を開けて逃してやりました。

写真は上から順に、

ヒメジョオンにやってきたヒメウラナミジャノメ、同左オオチャバネセセリ、ヒメキマダラセセリ、
窓ガラスに止まったウラギンシジミ、同左ヒメジャノメ、ヒロオビトンボエダシャク()、
フトフタオビエダシャク()、クロツヤハダコメツキ、ヒメジョオンにやってきたサビキコリ、
ヨツスジハナカミキリ、イヨシロオビアブ、ハラビロトンボ♀、
ナナフシナナフシモドキ)の幼虫(3枚)、
コガネグモ♀2匹(下は幼生)、キマエホソバ()を捕食するハナグモ♀です。

ヒメジョオンにやってきたヒメウラナミジャノメ ヒメジョオンにやってきたオオチャバネセセリ ヒメジョオンにやっていたヒメキマダラセセリ
窓ガラスに止まったウラギンシジミ 窓ガラスに止まったヒメジャノメ ヒロオビトンボエダシャク
フトフタオビエダシャク クロツヤハダコメツキ ヒメジョオンにやってきたサビキコリ
ヨツスジハナカミキリ イヨシロオビアブ ハラビロトンボ♀
ナナフシ(ナナフシモドキ) ナナフシ(ナナフシモドキ) ナナフシ(ナナフシモドキ)
コガネグモ♀2匹 キマエホソバを捕食するハナグモ♀


 にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ 人気blogランキングへ 
FC2 Blog Ranking blogram投票ボタン






テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

クリの木に集まる虫たち(2018年)
一昨日から今日の朝にかけて、まとまった量の雨が降り続きました。
雨が止んだ今日、クリの木が植えられている場所を訪れました。
独特の匂いがする花にはチョウハナムグリアブなどが群がり、葉っぱをクスサンやチャミノガの幼虫が食べていました。
葉っぱが丸坊主にされてもの幼虫を駆除しようとしないから、ここにあるクリの木を管理する気がないものと思われます。

写真は上から順に、

ルリシジミ、ベニシジミ、モンシロチョウ
ヒメウラナミジャノメ(2枚)、ヒカゲチョウ
イチモンジチョウ、マメヒラタアブ、シマハナアブ
クスサン()の幼虫(3枚)、
チャミノガ()の幼虫(ミノムシ)とニクバエの仲間、コアオハナムグリヒメジョオンにやってきたコアオハナムグリです。

クリの花にやってきたルリシジミ ベニシジミ クリの花にやってきたモンシロチョウ
クリの花にやってきたヒメウラナミジャノメ クリの花にやってきたヒメウラナミジャノメ ヒカゲチョウ
クリの花にやってきたイチモンジチョウ クリの花にやってきたマメヒラタアブ シマハナアブ
クスサンの幼虫(白髪太郎) クスサンの幼虫(白髪太郎) クスサンの幼虫(白髪太郎)
チャミノガの幼虫(ミノムシ)とニクバエの仲間 クリの花にやってきたコアオハナムグリ ヒメジョオンにやってきたコアオハナムグリ

クリの葉っぱを食べるクスサンの幼虫(白髪太郎)です。




 にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ 人気blogランキングへ 
FC2 Blog Ranking blogram投票ボタン






テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報

鍛冶スポーツ公園 幼虫のオンパレード
梅雨入り直前の蒸し暑さが続く中、鍛冶スポーツ公園を訪れました。
相変わらず人間が使った形跡はなく、イノシシが掘り起こして荒らした形跡がたくさん残っていました。
葉っぱをかき分けて虫たちを探すと、ハチナナフシクモの幼虫/幼生がたくさん見つかりました。
見つけることすら難しいナナフシの幼虫が4匹もまとまっていたのに驚かされました。

写真は上から順に、

キタキチョウ、ヒオドシチョウ、ヒメアカタテハ、
チャノコカクモンハマキ()、カノコガ()、オオトビスジエダシャク()の幼虫、
ヨモギエダシャク()の幼虫、タンポポの花を食べるハバチの幼虫、ナナフシの幼虫、
ナナフシの幼虫2匹、イオウイロハシリグモの幼生、ヤマシロオニグモ♀です。

キタキチョウ ヒオドシチョウ ヒメアカタテハ
チャノコカクモンハマキ カノコガ オオトビスジエダシャクの幼虫
ヨモギエダシャクの幼虫 タンポポの花を食べるハバチの幼虫 ナナフシの幼虫
ナナフシの幼虫2匹 イオウイロハシリグモの幼生 ヤマシロオニグモ♀

体長2~3センチほどのナナフシ(ナナフシモドキ)の幼虫4匹です。



ヨモギの葉を食べるオオトビスジエダシャクの幼虫です。



セイヨウタンポポの花を食べるハバチ(蜂)の幼虫です。




 にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ 人気blogランキングへ 
FC2 Blog Ranking blogram投票ボタン






テーマ:宮城県 - ジャンル:地域情報